下関で折板屋根吹き替え工事


工事のきっかけ

海が近いのも原因の1つでしょうが、工場で屋根に穴が開き天井から雨漏りが、以前にも雨漏りして他社で修理していたのですが、今回、友人の紹介で、貴社に連絡させて貰いました。

屋根補修工事 ガルバニウム折板屋根 重ね吹きカバー工法

ビフォーアフター

before
DSCN7876-before-overlay
horizontal
after
DSCN9166-after-overlay

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事
施工期間
20日間
使用材料
ガルバニウム鋼板
施工内容その他
ガルバニウム折板屋根 重ね吹きカバー工法
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
DSCN7878-1-columns2-overlay
屋根に上がって確認、すると以前修理した場所以外の所がまた屋根材が腐って穴が開いてそこからの雨漏りの原因でした。取り合えず応急処置として、シリコン材で、穴を塞ぎ今後の工事をどの様にしていくのか提案する事になりました。

DSCN8534-columns2-overlay
工事内容と致しまして、折板なので、重ね葺き工法の工事となります。いよいよ、工事着工で、まず、既設折板屋根の状態を確認してからの、重ね吹きカバー工法の固定金具を取付けです。
屋根が大きい程、金具を沢山取付けしないといけないので、
腰が痛く結構大変です。
DSCN8549-columns2-overlay
折板固定金具が一番の要、大変なのは、通り(直線)を通す事で手を抜くと上に被せる折板が、入らなくなったり見ため悪く、最悪雨漏りの原因になる事も。

DSCN8561-columns2-overlay
折板を取付けに入るのですが、見た通り、1枚の折板を固定金具の上にあるボルトにはめ込んでの作業に、雨が降って来たら滑るので、中止! 風の強い日も、折板が飛ばされ、人も飛ばされ兼ねないのでもちろん中止に、天気予報は絶対欠かせないアイテム?です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

下関で玄関庇(ひさし)取替工事

054210e2e1af90541ce99feaf6fcd594
d562e6fdd4f8e7932000db9391372df0
工事内容
屋根補修工事
使用素材
米松・杉板・ガルバニウム鋼鈑
築年数
25年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P8251127

屋根から点検した所 雨漏りしている近くに屋根谷が有り、屋根谷に使用している銅板に穴が開いていたので、そこから雨水が浸入し雨漏りの原因になった様です。