下関で玄関庇(ひさし)取替工事


工事のきっかけ

玄関の軒 木の傷みが気になっていて、以前工事して貰いました。ハウスドクター山口の方が訪問で来られ丁度いいタイミングだったので、見積りをお願いして今回の工事となりました。

屋根補修工事 垂木・軒板・板金取替工事

ビフォーアフター

before
054210e2e1af90541ce99feaf6fcd594-before-overlay
horizontal
after
d562e6fdd4f8e7932000db9391372df0-after-overlay

工事基本情報

施工内容
屋根補修工事
施工期間
10日間
使用材料
米松・杉板・ガルバニウム鋼鈑
施工内容その他
垂木・軒板・板金取替工事
築年数
25年
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
ffc2b895c9a006e15f5b4a3a35e1ebca-columns2-overlay
玄関上部の垂木、一部変色していて触ってみると、変色したヶ所がボロボロで、全部取れる状態でした。
a8c28b49aeb833fcd24ee55dc969c01b-columns2-overlay
施工方法としまして、垂木と上側の取替で、先ず上に被さっている板金を剥がす作業なのですが、良い職人さんを使われていたみたいで、結構しっかりと取付てしていたので、撤去が簡単には行かなかったです。

3046eb49b3c1ab312016a2d3234f6753-columns2-overlay
ルーフィング 撤去も 25年は経っていのですが、思ったより痛んでないのに、感心しました。やはりビニール製品だったからでしょう、古いルーフィングはボロボロになっている事が多々あるので、
IMG_0236-columns2-overlay
一番心配していたのは、庇 屋根と、玄関の天井の隙間が余り無く、垂木 撤去したら、天井も一緒に取れる可能性が有ったのですが、大工さんが、丁寧な作業のお蔭で、問題なく、垂木だけ撤去する事が出来ました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

下関で折板屋根吹き替え工事

DSCN7876
DSCN9166
工事内容
屋根補修工事
使用素材
ガルバニウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P8251127

屋根から点検した所 雨漏りしている近くに屋根谷が有り、屋根谷に使用している銅板に穴が開いていたので、そこから雨水が浸入し雨漏りの原因になった様です。