下関市セメント瓦の屋根で雨漏りが発生、現場調査へ行きました


雨漏り調査20170620
屋根裏雨漏り状況20170620
下関市でセメント瓦の以前も工事を依頼して頂いたOB様のT様邸。今回は、2階の洋室に雨漏りが発生。ご連絡頂き、早速、現場調査に行きました。2階の押入れに、屋根裏への点検口がありましたので、そこから潜入調査です。雨漏り発生中での現場調査ができ、すぐに、発生個所が特定できました。雨漏り発生箇所は1か所ではありませんでした。確認できるもんで、2箇所ありました。左側の写真は、建物の屋根が三角形に見える側のでの雨漏り発生です。上の写真は、屋根の先端軒先の写真です。
雨漏り箇所201706202
屋根の先端軒先は、屋根の上の方で浸水したものが、ココにも出てきたというような状況でした。今回の、一番の原因は、右側の写真、わかりづらいかもしれませんが、白くなっている所です。白くなっているのは、カビです。実は、以前より、浸水があった事がわかりました。始めは、ごく少量の浸水で、次第に浸水により、劣化が進み、浸水しやすくなっていき、今回のように、雨漏りに進展したと思われます。全体的に、調査をおこないましたが、この2箇所以外では、カビの発生、シミ等の発生は確認できませんでした。本日は、降雨中の為、屋根へ上がる事が出来ないので、天候が回復して、屋根の調査を実施します。
024-columns2-overlay

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.5 樋 前 4-1

下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このま...........