下関市で築15年の家の天井から突然の雨漏りで屋根現場調査


天井からの雨漏り
天井からの雨漏りの染みが有り原因を探します。
壁隙間も雨漏りの原因の1つかも
点検していた所壁のジョイント部分にも隙間が有り風の強い時に雨が舞い込む可能性も有りましたので、シリコン充填の工事の最中です。 
壁隙間 シール材で補修
念には念をと、壁ジョイント部分にシリコン材、充填完了しました。今までの経験で、どこから漏れているか分からない現場が有りまして半年掛かってやっと原因判明した所もあるので、気になる所は対処していかないと、お客様にもご迷惑お掛けしますし雨漏りの事を思い出したら憂鬱になられると思いますので出来るだけ早く原因追求に努力しています。
屋根瓦谷に銅板使用での穴空き
屋根瓦の谷で使用している銅板に穴が空き雨水が進入して、天井から雨漏れ、ご主人が点検されたのですが、銅板とは、気づかずに原因不明と連絡あり、こちらで、確認したら銅板に穴が有りました。原因は瓦の塗料に使われている物質が、銅板を溶かす要素が有るのと、近年酸性雨と言う言葉を聞く機会が有ると思いますが、その酸性雨が原因とも言われています。
屋根瓦 谷に銅板使用  穴塞ぎ補修
緊急で、雨漏りを止める為シリコン材で修繕しました、どちらにしても、銅板をステンレスやガルバニウム鋼板に取替えれば、半永久的な商品なので、雨漏りは防げます。見積りは只今作成中です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.5 樋 前 4-1

下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このま...........