下関市内にお住まいのお客様から、樋の途中から雨水が落ちてくるので見て欲しいと依頼がありました。


2017.12.5 樋 前 4-1
下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このままの状態だと、雨水が違う方向に進み、軒や下地の木が変色・腐ったりして、雨漏りの原因になりかねない状況でした。
ba867a003a839113207a3df9e20c82b3-columns2-overlay
2017.12.5 樋 後 2
他の所も確認した所、やはり落ち葉等がぎっしり詰まって雨水が流れる状態ではなかったので、日を改めて早急に清掃する事となりました。
方法は原始的で、火ばさみで立樋に詰まっている枯葉、木切れを立樋の中に落ちない様ゆっくり取除き、次に横樋に詰まっている枯葉を、立樋に落さない様に綺麗に取り最後にホースで水を流して詰まりが無いか確認しながら作業を進めて行きます。
2017.12.11 樋 後 3
201712.11 樋 後 3-1
fd8f98a32c9000ac38be978d1ce9f0d8-columns2-overlay
2017.12.5 樋 後 1
2017.12.5 樋 前 5
2017.12.5 樋 後 5
周りに木々も多く、前はご主人が掃除をされていたのですが、高齢となり数年前からは、手付かずの状態と言う事でした。
樋から水が落ちて、その水はねで、壁材が腐る事も有りますので、年に最低でも1回は樋清掃、又は、点検されるのが、家に長く住む条件かなと思います。家の方が無理でしたら、点検も行いますので、先ず 0120-61-5700までご連絡を!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.10 雨漏り 1

下関市にお住まいの方から雨漏りしているみたいなので、見て欲しいとの依頼があり、早速お宅に伺いまして確認した所、縁側の天井に染みがありました。