下関市内の病院で診察室から雨漏りしていると連絡がすぐ現調に伺いました。


d8331b18d5f4def1206b0443b2ba869f-columns2-overlay
下関市内の病院から、雨漏りがしていると電話連絡が有り 伺って見ると、診察室の天井から照明の配線を伝って、水滴が落ちバケツで、受けている状況でした。
79b2b7f70e46733d66dd32f18b4dffc3-columns2-overlay
取り合えず、天井裏を確認しようといた所、天井点検口が無いので、2階の天井裏に上がって確認して見ると 屋根の箱樋から水滴が落ちているのを確認 後日 天気が良い時に、屋上に上がってる確認する様にしました。
64142e2a69246f1c38ee5669c00230e7-columns3-overlay
天気の良い日に、屋上の屋根に上がって見ると箱樋(板金加工している横樋)に雨漏りしそうな所があっちこっち有り、 一つずつ補修して行きました。
92ff2955f5fcbe908e2bf99cbd9f5739-columns3-overlay
被覆の板金を使用していまして、その被覆が所々剥がれていたので、シールでの補修ですが、外部で、雨水の通り道なので、まずブチルテープを貼りその上からシールをする様にしました。こちらの方が耐久性に優れているからです。
2860a79263ce497fdfe2f32e7367b2ae-columns3-overlay
樋のコーナー部分も箱樋なので、曲げ加工していてその隙間からも雨漏りの原因の可能性が有る為ここも補修しました。
P4200413-columns2-overlay
この場所が 天井裏から水滴が落ちていた所で、調べてみると表面のシールが切れていましたので、原因は此処かなと思いました。
P4200391-columns2-overlay
此処は特に念入りに補修を行いました。 これで、問題解決だね、と思いながら病院を後にして、 今度は雨降りの時確認しに伺いました。
IMG_0572-columns1-overlay
意気揚々と天井裏に、すると前回と同じでポタポタと止まってませんでした。 間違い無いと思っていたので、ショックでしたが、後日天気の良い日に再度確認 すると、箱樋のジョイント上部の屋根側に隙間を見つけ補修して、やっと 雨漏りが止まりました。 箱樋で上側からの雨漏りいているとは思いもよりませんでした。 雨漏りでは、概念は持ってはいけないと通貫しました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.5 樋 前 4-1

下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このま...........