下関市のセメント瓦の屋根で雨漏り発生、屋根上にて現地調査実施


瓦に割れ20170620
下関市で雨漏り発生のT様邸。天候も回復したので、早速屋根の調査を実施しました。事前に屋根裏への潜入調査済であるので、雨漏り発生箇所周辺で調査開始です。発見!瓦が割れていました。よく見ると、以前、塗装した時でしょう。コーキングにて補修をして塗装がしたようです。今までは、セメント瓦より下へ浸水する量が少なかった事もあり、カビの発生程度だったと思われます。
破れてしまっているルーフィング
瓦を剥いで調査。雨水の浸水を防ぐ重要な役割の、防水シートルーフィングが破れていました。セメント瓦よりも下へ浸水してしまうと、この破れより、屋根裏へ浸水します。以前屋根裏の調査の時の場所と、完全に一致しました。
仮復旧201706201
今回は、そのまま戻してしまうだけでは、雨が降るたびに、雨漏りが発生してしまします。これから、T様と屋根をどのように改修していくのかと打合せが必要なので、雨漏りが発生しにくに状況へしておく必要があります。新しい防水シートのルーフィングにて仮復旧としました。
DSCN8398-columns2-overlay
セメント瓦も葺き戻し、割れている所はコーキングにて補修しました。予測不可能な、雨が降らない限りは雨漏りの心配はありません。じっくりと、T様と今後の、改修計画を検討していきます。雨漏り調査、相談の問い合わせ:0120-514-517

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.5 樋 前 4-1

下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このま...........