下関市にお住まいの方から雨漏の件で問い合わせがあり、現地調査に伺いました。


2017.12.10 雨漏り 1
下関市にお住まいの方から雨漏りしているみたいなので、見て欲しいとの依頼があり、早速お宅に伺いまして確認した所、縁側の天井に染みがありました。
20117.12.10 雨漏り 2
雨漏りの染みらしく端から端まで跡が付いていました。
だいぶん前から雨漏りしていた様な跡が見受けられます。
2017.12.10 雨漏り 3
屋根を確認してみますと、瓦と銅板の境目、瓦の谷の部分全部(雨水が通る所)に穴が開いており大きい所では、3センチ程の穴が開いていました。
原因は銅板に開いた穴からの雨漏りです。

2017.12.10 雨漏り 4
やはり酸性雨と瓦の塗料との関係で、銅板に穴が開くみたいです。
始めは酸性雨だけで、穴が開くと思っていたのですが、各職種の方にお聞きした所、銅板だけの造り屋根では、穴は開かないが、今回の様に上側が瓦で下側が銅板でほとんど接している屋根の場合は穴が開くと言う事で、酸性雨と瓦の塗料が合わさり何らかの科学変化で銅板に穴が開く事が分かりました。
上の写真ですが、実際に、左側の屋根は瓦と銅板が接している状態で穴が開き、右側の屋根は瓦と銅板に空間が有る状態では銅板に穴が開いている所は有りませんでした。
状況を奥様に説明しまして、後日ステンレス又はガルバニウムに張替の見積りをお持ちする事となりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.5 樋 前 4-1

下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このま...........