下関市のアパートの改修工事にて


2017.11 5 屋上マンホール
下関のアパートの改修工事で、屋上のマンホール(屋上に上がるの出入口)の蓋が取れているので、取替って欲しいとの依頼が有り現地調査に伺いました。以前に補修工事した後が有りましたが、その補修も駄目になっていました。
2017.11 3 屋上マンホール
取替前、蓋の取り手と、躯体のタラップを、硬い電線で括り付けて、蓋を開かない様にしていました。
取替工事は時々有ります、今回と同様に蓋が壊れて取れたり、開かなかったり、本体が錆びて穴が開き雨漏りの原因にもなります。
ステンレス製とスチール製が有りスチール製は価格もお手頃で、良く使われていた様ですが、年月が経つと塗装が剥がれ錆びが出て、建物の屋上なので、用が無い限り上がる事がなく、上がろうとした時は錆び付いて駄目と言う事が多いみたいです。
今回はステンレス製ですが、開けた時に閉まらない様なストッパーは有るのですが、ダンパー(車のトランクに付いているゆっくり開閉出来る商品)付では無くて、風にあおられて丁番・蓋が変形し閉まらなくなり、丁番が壊れ無理をすると最後には蓋が取れてしまいます。

屋上 マンホール 2017.11 1 
屋上マンホール取替で一番大変なのは、本体を屋上に上げる事で、屋上に上がる開口は50㎝角しかないので通る訳もなく、外からロープで引張って上げる昔ながらの方法で、安全帯をタラップに、身を乗り出して必至に今回も無事に上げる事が出来 作業完了しました
before1
2017.11 4 屋上マンホール
horizontal
after1
2017.11 2 屋上マンホール
防水工事が終わっていて綺麗に見えるのですが、マンホール自体は殆んど変化なく少し笑えます。
けれど性能は既存とは違い、もう壊れる事はありません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦止め

下関 在住の方から、先日の強風時に瓦止めが落ちたので、見て欲しいとの依頼が有り
まず、グーグルマップの航空写真でお宅を確認した所、2階屋根では1人での現地調査は
無理みたいなので、2人で行く事にしました。

浸水いて劣化した木下地

下関市でバルコニーの床の改修工事をご紹介します。事前現地調査で確認した所、何処からか、雨水が浸水し、防水層下地の木下地分の合板部が、破れてしまっている状況でした。浸水部分の原因究明と、見えていない部分の劣化度合いの確認の為、合板下地を剥ぎ取...........

2017.12.5 樋 前 4-1

下関市のお住まいの方で、樋の途中から雨水が落ちて来る、樋が詰まっているみたいなので見て欲しいとお電話を頂きました、早速現地調査に伺った所、横樋に落ち葉がぎっしり詰まってその上、雑草が生えてとても雨水がながらる状態ではありませんでした。このま...........